« 「恨みを忘れない文化」に対する誤解 | トップページ | 予知能力の涵養 »

2013年10月27日 (日)

良識と正義

 良識は長い経験の中で培われた共通認識で、正義は複雑化した社会を維持矯正する大義になる。良識は個別民族が土俗的に持っている、望ましいと感じる秩序感だが、正義は一部の秀才が机上で作った理想という感覚がある。参加者が多い世界の事だから、皆が深く関与して決める類の事ではない。

良識は発展途上の社会を形成している民族も持っている。過去何千年も、その民族を存続させてきた理由でもあるから、発展途上の民族の良識にも、聞くべきものがあるはずだ。しかし社会の発展が途上であれば、正義については議論の余地がある。西欧化が進みやすい領域になる。

 常識的に考えれば、正義と良識は共存するのが好ましいが、先進国であっても一部に齟齬がある。それは常の事であるが、極端な考え方の持ち主の中には、共存を否定する人達が多い。典型例が共産主義だろう。世界国家を目指す故に、各民族の良識を否定する。しかし共産主義者にあるのは正義だけで、良識という概念が希薄だ。必要ないと考えている節が見える。社会主義者も同様の傾向がある。

 人間は感情の動物だから、それと社会秩序を調和させる事は、結構難しい。良識はそれに対して大きな役割を果たしてきた。良識の存在理由はそれであると言っても過言ではないだろう。従って、正義のない良識は世界各地にあるだろうが、良識のない正義が通用する世界はあり得ない。それを無理に強行すると、不都合が生じる。その好例が、文化大革命であり、カンボジアのキリングフィールドだった。正義が暴走し、良識がそれを止められなかった。

 西欧の良識は、世界で最も完成度が高い。それ故に高度な文明を育んできたが、2度も世界大戦を行なうほどに不完全なものでもある。その他の国々の良識は更に劣っているのだろう。良識は多分に土俗的なもので、容易に比較はできないから、個別の比較論は難しい。各国の世論には、欧米化と土俗回帰のせめぎ合いがあるだろう。日本も例外ではない。内容の良し悪しより、拠って立つ人の政治的・経済的利害関係で論争が進むから、見えにくいのも各国共通の事情だろう。

 いずれにしても、良識のない正義は危険極まりないから、極力避けねばならない。民族文化をおろそかにしてはいけないということである。社会が複雑化すると、社会派が実権を握り、民族派は旗色が悪くなりやすい。発展途上国ではその傾向が顕著だ。特に大国化して正義と良識を共に発展させて来たと言う自負があると、話がややこしくなる。共産中国と台湾にその顕著な実例がある。台湾には元々社会的正義は希薄だったから、日本の正義を受け入れた人達が、一時蒋介石政権の中華に戻そうとされながら、また日本の正義に戻って自信を深めている。中国は大国のプライドとしてのブレーキと、正義を推進する共産党のアクセルで、文化大革命を経てもまだ良識も正義も方向性が見えない。今後も当分混乱が続きそうで、国民の良識は劣化し続けている。中国韓国の移民や旅行者の良識のなさには世界が唖然としているが、それでも何とも出来ない。

 アメリカでも、民族的良識を持っているのか分からないオバマが大統領になった。民主党はアメリカの社会主義者だから、正義さえあれば支持される様だ。危険な方向に行かなければ良いがと危惧せざるを得ない。

 日本では、社会党や共産党の、正義だけで良識のない見解は、支持されていない。民主党程度なら良いかもしれないという期待も大きく裏切られた。やはり良識のない人々には何も任せられないという考えが戻っている。あくまでも正義にこだわる人達は、共産党支持に回った様だ。共産党という組織の実態を知らないからだろう。組織の幹部になるためには、良識を捨てて彼らの独善的な正義を崇拝しなければ、草の根的な末端でも、幹部になれない組織である。暴走すればカンボジアの大虐殺になるリスクがある組織だ。言葉だけで判断する危険を承知する必要がある。

 良識は学校教育では育たない。個人的人間関係から育まれる。それは必ずしも親子ではないが、親が良識を大切にする姿勢を示さなければ、大人になってからでは矯正されにくいのは確かだろう。発展途上の国であっても、親が良識という概念を教えさえすれば、子供は必要に応じて考えを変えることが出来る。先進国でも、親や教師が良識を否定する教育を行なえば、社会が荒んでくる。戦後の教育を受けた第一世代は、社会に良識があったから矯正されたが、第2世代になると良識の意識が薄れてきた。日本の社会の本格的な変質は、第3世代に持ち込まれた。現在若手と言われる人達になる。彼らは保守回帰の傾向を見せている。日本の良識は健全だった様だ。

« 「恨みを忘れない文化」に対する誤解 | トップページ | 予知能力の涵養 »

論評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534315/53739160

この記事へのトラックバック一覧です: 良識と正義:

« 「恨みを忘れない文化」に対する誤解 | トップページ | 予知能力の涵養 »