« 観念的な戦略で動く米中 | トップページ | 予知能力 »

2013年5月23日 (木)

中華思想に基づいて日本を非難する韓国

日本を非難する理不尽さに驚きの連続の日本人は、彼らの不確かな根拠に基づく発言を異常だと感じる。しかし中華思想にとって個別の真実の探求は重要な問題ではない。重要なのは日本が敗戦国であって、現在の国際秩序はそれを織り込んで維持されているという認識であり、国際秩序は現状認識を守ることによって維持されるという基本的発想である。日本が周辺国に謝罪し続けることで極東の安定が得られているという、韓国にとって喜ばしい秩序を維持する事は、中華的正義になる。この考え方の人に、真実の歴史を訴えても意味が無い。正しい歴史観と彼らが言うのは、日本は敗戦国である事を自覚せよという事なのだから、真実を訴えて彼らに逆らうのは、逆効果になる。それを受けた韓国が、現状の国際秩序を守る義務を果たせと要求する事で、正義の国になる。

大陸は暴力的行動が支配しやすい場だから、秩序を維持する事が最優先課題であり、秩序が乱れる事は諸民族の利益に反する。中華思想はこれを重視する。李朝が清国に屈辱的な礼を何百年も続けてきたのも、この思想が根底にある。大東亜戦争に敗北した日本も、現下の国際秩序が維持され続ける限り、同様の屈辱外交を継続する義務があると中華思想は強制する。中華的「正しい歴史認識」とはこの様な状況を意味する。

一部の日本人がこれを誤解し、周辺国の恨みを解くためとか、日本人は過去に過ちを犯したからその反省をする義務があるとか、情緒的な発言をしているが、これは情緒的な日本民族が居住する国内向けの事で、国際的な認識は、日本の敗戦を前提とする国際秩序を維持するためには、日本が敗戦国としての行動をとり続けるべきだという秩序観に過ぎない。中華思想を持たない国は、「もう好い加減そのくらいで良いだろう。未来志向でいこう。」と、ある時期から言い出すが、中華思想の国は決してその様な事は言わない。常識が違うからだ。日本のマスコミも中華思想に共鳴しているから、事実誤認と分かっても訂正報道はしない。国際秩序の混乱を恐れ、西欧的正義感を持たない状況は、中華思想に共鳴しているのと変わらない。

民主主義はキリスト教を基本に作られているから、悔い改める者は許されるという思想を持つ。これは民主主義とは直接関係ないが、機会均等、敗者復活、自由競争という、現在民主主義と不可分と考えられる思想と一体となって民主主義であると捉えられているから、その意味で中華思想は非民主主義的である。民主主義者は、民主主義こそ最も有効に社会的・経済的進化を促すものだと確信し、それ故に優れた主張だとして世界に拡散しようとしているから、中華的秩序観は民主主義と対立する。

しかし思想には都合の良い例外がある。国境の維持に関して、民主主義国は現状維持を堅持している。これは嘗て自分達が主導して決めた国境だから、国境線を変更する事は欧米の秩序に挑戦する行為になるからだが、一見極端な中華的原理主義に見える。但し、根本思想が違うから、誰も中華的だとは言わない。

中国は機会があれば国境を膨張させようとしている。これは2千年以上の歴史を持つ例外なのだ。国境が中華の中心から遠ざかるほど、中華秩序は安定するから、根本が安定志向である中華思想にとって、これは根本問題の解決であり、秩序維持は手段と言う次元の低い思想だから、本質的に矛盾しない。周辺国から見れば大国主義のエゴイズム以外の何者でもないが、国家主義というものは、元々民族のエゴの保持が目的なのだから、問題視するにはあたらない。こんな世界の中で、平和憲法を維持すれば日本の安全保障が担保されると考える事に無理がある。

« 観念的な戦略で動く米中 | トップページ | 予知能力 »

世相」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534315/51742919

この記事へのトラックバック一覧です: 中華思想に基づいて日本を非難する韓国:

« 観念的な戦略で動く米中 | トップページ | 予知能力 »